JSOL WORLD

企業と特徴

ADVANTAGEJSOLの特長

HISTORYJSOL発展の経緯

日本総合研究所からの分社
「株式会社日本総研ソリューションズ」設立

2006年7月に、一般のお客様向けに最適なICTソリューションを提供する会社として、「株式会社日本総合研究所」から「日本総研ソリューションズ(現JSOL)」を分社化しました。日本総合研究所はそれまで、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の一員としてグループのICT戦略を支える事業と、グループ外の一般のお客様にICTソリューションを提供する事業を担ってきました。しかし二つの事業は方向性やミッションが大きく異なります。グループ向け事業では、まず止まることの許されない銀行などの大規模金融システムを安定稼働させることが求められる一方、グループ外の一般のお客様向け事業では常に新しい技術の追求や開発のスピード、そして価格競争力が求められます。そこで、それぞれの事業の特長を最大限に活かし、より強化するために分社しました。

NTTデータとの資本・業務提携社名を「株式会社JSOL」に

日本総研ソリューションズは、2009年1月、株式会社NTTデータと資本・業務提携を行い、社名も「株式会社JSOL(ジェイソル)」に変更しました。 ビジネスモデルや世の中の仕組みは、刻々と変わっており、お客様のビジネスも激しいスピードで変化しています。そうしたお客様の要望に、より幅広く応えるためにNTTデータとの資本・業務提携を行い、NTTデータグループの強みと日本総研グループで培った当社の強みを融合させて、お客様対応力をより強化していきました。JSOLがこれまで培ってきたノウハウに加え、資本・業務提携を行ったNTTデータが有する開発リソースや開発手法を活用することが可能となりました。NTTデータは、ネットワークやデータセンター事業に大きな強みを持っているため、クラウド・コンピューティングやSaaS分野での新たな価値創出が期待できます。より広範で、高品質なICTサービスをお客様に提供するために、私たちJSOLは日々まい進しています。

POINTJSOLを知るポイント

お客様の真のパートナー

お客様のビジネスの成功と成長をICTの力で実現するため、先進のテクノロジーと最適なICTソリューションを武器に、ICTコンサルティングからシステム構築・運用にいたる先進の「トータル・ソリューション」を提供します。「お客様の真のパートナー」として、社員一人ひとりの持てる力を結集し、常に信頼される存在であり続けます。

幅広い業種、業界のお客様へ
様々なソリューションを提供

対象マーケットは、製造業界や流通・サービス業界、金融分野、公共分野など多岐にわたります。
幅広い業種、業界のお客様のニーズに的確に応え、社員一人ひとりがプロフェッショナルとして業務に取り組みます。

社員が成長し、チャレンジできる環境

JSOLでは、社員一人ひとりが「技術力」と「コンサル力」に「主体性」を兼ね備えたプロフェッショナル人財となることを目指しています。会社は社員を育成するための環境を整え、各種研修制度やキャリア支援制度を取り揃えています。また、JSOLには社員が主体的にチャレンジし、活躍できる環境・社風があります。

STRENGTHS数字で表すJSOLの強み

  • プライム案件の割合

    JSOLは、ICTコンサルティングからシステム構築・運用まで、ICTソリューション提供における全工程に携わる、“ICTサービスコーディネーター”です。「プライム案件の割合 85%」はこうしたJSOLのあり方を示しています。お客様の課題を引き出し、システムの機能や業務プロセスとして解決する方法を示し、実現に向かってプロジェクト全体を指揮する、そうした全てのプロセスに携わるJSOLだからこそ、“お客様のビジネスモデルの変革・経営改革”を担っていると言えるのです。

    ※プライム案件…プロジェクトの元請けとして、お客様と直接契約を結ぶ案件のこと。
  • パートナーシップの継続率

    お客様のビジネスの成功と成長をICTの力で実現するために、JSOLは最適な解決方法と的確な技術の選択や組合せで、お客様にICTソリューションを提供しています。JSOLの姿勢は、共に経営を担う“真のパートナー”として多くのお客様にご支持いただいています。「パートナーシップ継続率 88%」はそうした実績を端的に示しています。一度のプロジェクトで関係が終了することなく、多くのお客様と共に成長を続けていることは、JSOLの誇りです。

    ※売上上位50社のお客様内において、取引年数が3年以上のお客様の割合。
  • お客様の総合満足度肯定的回答率

    お客様の真の課題を発見し、ICTの技術を活用し解決策を形にするためには、“技術力”と“コンサル力”が必要です。加えてJSOLではお客様のために主体的に行動できる自律した社員がプロフェッショナルだと認識しています。「お客様の総合満足度 肯定的回答率 87.9%」は、一人ひとりが自律したプロフェッショナル集団だからこそいただいた評価だと考えています。JSOLは今後も、“技術力”と“コンサル力”に主体性を兼ね備えたプロフェッショナル人財の育成環境を整え、お客様と共に、社会の新しい仕組み作りを牽引していきます。

    ※当社が実施した2017年度顧客満足度調査での、「JSOLへの総合満足度」に対するお客様の肯定的回答率。
  • ICT系資格取得認定者

    ICTの高い専門性は、JSOLがお客様から信頼される会社であり続けるために欠かすことができないコアコンピタンスと考えています。JSOLでは、ICTのプロフェッショナル集団として在り続けるために、キャリア体系や研修制度を整え、社員のスキルアップを支援しています。社内外で通用するスキル獲得の支援施策の一つとして、ICT系資格取得支援も行っています。その結果が、「ICT系資格取得認定者数 814名」。社員一人ひとりがそれぞれのプロフェッショナルとしての研鑽を積み、高い専門性を獲得しています。

    ※ICT系資格…情報処理技術者試験における「高度な知識・技能」とされる試験の他、当社が社内外に取得者数を公表しているICT系資格試験の総称。
  • 育児休業制度活用率

    JSOLは、多様な個性が、それぞれのワーク・ライフ・バランスを実現し、力を発揮することが重要であり、社員と会社が共に成長し続けるために必要だと考えています。そのためには、『多様な働き方を支援する制度』だけではなく、『気兼ねなく制度を活用できる風土』が大切です。出産を経験した女性社員の「育児休業制度活用率100%」はその実績を示しています。近年では男性社員の育児休業制度活用も増えつつあります。JSOLは今後も、社員それぞれのワーク・ライフ・バランス実現を支援していきます。

    ※出産を経験した女性社員のうち「育児休業制度」を利用した社員の割合。
  • 有給休暇取得平均日数

    JSOLでは、『自分の働き方は自分でデザインする』という考え方があります。自身が考えるワーク・ライフ・バランスを実現する、自己研鑽の時間を確保する、リフレッシュする等、業務以外の生活も含めて、『自分の働き方は自分でデザインする』ことが、“質の高い業務”に繋がると考えています。
    「有給休暇取得平均日数 18.7日」は、こうした考えを体現した一つの結果だと考えています。会社全体で有給休暇取得を支援することは、JSOLがお客様の“真のパートナー”で在りつづけるために、大切な要素の一つだと考えています。