JSOL通信

JSOL通信Vol.5

2019.3.12

想いを「ことば」に
込めるために必要なこと。

文章を書く機会も多くなるこの時期ですが、ただ書くだけに終わらせないためのポイントはどこでしょうか。

JSOL人事の安藤です。少しずつ日も長くなり、暖かい日も多くなってきましたが、同時に花粉も多くなり、花粉症の人には辛い時期がやってきましたね。今回はコミュニケーションの基本でもある「ことば」についてです。

例えばこの時期、いろいろな会社でエントリーシートを提出する機会も多いと思います。そのエントリーシートでは、あなたははどんな「ことば」で伝えようとしていますか?

話し言葉と同様に、文章にも個性が表れます。考え方やその順番、言葉のチョイス、それらがあなたの個性となって読む人に伝わります。何を書くかに悩むこともあると思いますが、誰も読んだことのない小説や特殊なエピソードを期待しているわけではありません。ある事象からあなたが何を感じて、そこから何を学び、そして成長したのか。大事なのはこの部分です。ありふれた機会であっても、あなたの感情や行動に大きく影響したはずです。その瞬間の想いを、熱量を持った「ことば」に乗せて伝える、それを私たちは知りたいのです。

「ことば」で何かを伝えることは、社会に出るうえでとても大切なスキルになります。作業としてやるよりも、これもひとつの機会と捉え、どうすればより伝わるのか?、もっと工夫できる部分はないか、そういった観点で見直してみると、その練習にもなります。あなたの熱い想いを、どうか自分の「ことば」で、ぜひ聞かせてください。

Information

会社説明会開催 お申込みはお早めに!

詳細はこちら